前へ
次へ

弁護士の独立費用について探る

弁護士として、事務所である程度の経験を積むと、自分で独立して事務所を開設するなどを考える場合があります。その際の費用については、絶対の数字を示す事はできません。事務所の規模や雇う人員の人数などによっても違いが生じるからです。しかし、ある程度の必要項目から、大体の自分なりの費用を読む事はできます。まず、独立して新規に弁護士事務所を借りて開設する場合には、その場所代が必要になります。保証金をはじめ、家賃などが毎月発生する事になります。加えて内装工事費などが掛かる場合もあります。次に、従業員を雇う場合には、人件費が必要となり、人材のキャリア年数などによって、その金額などにも違いがでます。人の次には、モノになりますが、デスクやイス、パソコン、本棚などを用意する必要があります。最後に、当座の運転資金として何ヶ月分かはできれば用意して運営する事が望まれます。

top用置換

top用置換2
Page Top